公益財団法人 西宮市大谷記念美術館/四季折々の草花が美しい日本庭園のある美術館です

文字サイズ
美術館について
ごあいさつ
1972年、大谷竹次郎氏より敷地やコレクションの寄贈を受けて当館が開館して以来、開催する展覧会はもとより、やすらぎと憩いを来館者に与える庭園のある、関西でもユニークな美術館として親しまれてまいりました。今後も新しい知見、視座に立ち、市民に親しまれる展覧会の提供を続けてまいります。そして美術館は作品保全の場であると同時に、良質の作品収集の場でもあります。今後も当館は地域の作家の優れた作品を中心に、展覧会の基礎となるコレクション形成にも力を入れてまいります。
また美術館は地域とつながり、支えられ、共に生きていかなくてはなりません。日日の運営に大きな支援をしてくださっている西宮市と連携しながら、地域の美術教育にも力を入れてまいります。子どもたちには学校連携を中心としつつ、生涯教育という観点からも地域の文化発信の地でありたいと考えています。
今後も来訪者に親しまれる空間づくりを目指してまいりますので、みなさまのご来館をお待ちいたしております。


公益財団法人 西宮市大谷記念美術館
館長 越智裕二郎
公益財団法人 西宮市大谷記念美術館 館長 越智裕二郎

ページTOP