公益財団法人 西宮市大谷記念美術館/四季折々の草花が美しい日本庭園のある美術館です

文字サイズ
展覧会/イベント
イベント情報 ※変更になる場合がございます
ワークショップ「つなげて つくろう みんなのまち」「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」関連イベント

入選作家の高橋祐次さんが考案したワークショップ。六角形のパネルに思い思いの町を描きます。完成した作品は展覧会期間中美術館に展示し、みんなが作った町のかけらをつないで大きな町を作り上げます。ワークショップキットを購入し、お家で制作を楽しんでいただくワークショップです。

【販売開始日】2022年8月1日(月)10:00から 
【定 員】先着50名
【価 格】800円(税込) *通信販売の場合1,170円、別途振込手数料がかかります。
【購入方法】美術館または通信販売にてご購入いただけます。(美術館で購入する場合、水曜日は休館日ですのでご購入いただけません。)
*通信販売の方法はこちらからご覧下さい。
【作品の返却について】
美術館で展示したワークショップ作品は、「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」終了後に順次ご返却します。

 

【高橋祐次(たかはしゆうじ)プロフィール】
2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選者
絵本作家、画家。東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作藝術大デザインN賞。絵本作品に『山びこくん』(文芸社)、『ぼくはくるま、みんなもくるま』(あかね書房)、『ずぼっ じー』(講談社)がある。

ワークショップ「紙版画で森に住むいきものを作ろう」「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」関連イベント

入選作家の北村麻衣子さんと一緒に紙版画を制作します。紙を貼って版を作る紙版画は、版画のなかでも気軽に作れる技法の一つです。テーマは動物や昆虫など「森に住むいきもの」です。

【実施日】2022年8月16日(火)13:30~15:30
【講 師】北村麻衣子(2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展)
【対 象】幼稚園年中〜小学生(保護者の付き添いが必要、ただし入室できるのは1名まで。要入館料。)
【材料費】500円(別途要入館料)
【定 員】15名(応募者多数の場合は抽選)
【申込方法】
往復ハガキまたはメール(otaniws@otanimuseum.jp)に、参加者全員の氏名・年齢・住所・電話番号を明記。
1回の応募で2名まで、重複での申込無効。7月29日(金)必着。
当落通知を発送しました。届いていない方はお手数ですが、当館までお問い合わせ下さい。(7/30)

【北村麻衣子(きたむらまいこ)プロフィール】
2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選者
京都府生まれ千葉県育ち。日本版画協会会員。現在は小学生2児の母で木版画家をしながら子どもたちのアートサークルを主宰。子どもの頃たくさんの絵本を読んでもらったことや、現在住んでいる山と海のある自然豊かな環境により創作欲を掻き立てられる。2015年〜2022年NHK Eテレ「キミなら何つくる?」(重ねてカラフル!ほり進み版画)出演、2020年FEI PRINT AWARD(大賞)等。

*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止や延期になることがあります。

ページTOP