Home

Information

「スイスデザイン展」5月29日まで

4月2日より開催してきた「スイスデザイン展」も、ついに終了いたします。
当館が最後の会場となりますので、ぜひお越しください。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ワークショップに参加しませんか!

ws

ご参加をお待ちしています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「スイスデザイン展」開幕!

いよいよ4月2日(土)から「スイスデザイン展」が開幕します。
http://otanimuseum.jp/home/exhi/swiss16/swiss16.html

スイスとの国交樹立150周年を記念して企画された本展も、当館で最後の開催となります。
この機会に是非お越しください。

会期は4月2日(土)〜5月29日(日)です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

オリジナルSIGGボトルをつくろう

本日より「スイスデザイン展」のワークショップ「オリジナルSIGGボトルをつくろう」の受付を開始いたしました。
詳細はこちらをごらんください。
http://otanimuseum.jp/home/event/other.html

世界で1つの自分だけのSIGGボトルを作ってみませんか。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

現在は休館中です

「美と装い 新収蔵品とともに」開催終了いたしました。
館内改修工事のため、4月1日(金)まで休館しております。
4月2日より「スイスデザイン展」を開催いたします。(2016年4月2日〜5月29日)
詳しくはこちらをごらんください。
http://otanimuseum.jp/home/exhi/swiss16/swiss16.html

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

展覧会予定の更新

4月に開催する「スイスデザイン展」の情報をアップしました。
http://otanimuseum.jp/home/exhi/swiss16/swiss16.html

会期は4月2日(土)〜5月29日(日)です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

現在開催の展覧会

1月2日より「美と装い 新収蔵品とともに 」を開催しております。(2016年1月2日〜2月14日)

詳細はこちらをごらんください。
http://otanimuseum.jp/home/exhi/kanzo15-2/kanzo15-2.html

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

現在は休館中です

現在は、館内整備のため休館中です。
来年1月2日より「美と装い 新収蔵品とともに」を開催いたします。(2016年1月2日~2月14日)
コレクションの日本画と洋画、さらに2013年度の新収蔵品を併せて展示いたします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

いよいよ明日から

明日、10月10日より
「松谷武判の流れ」展が始まります。
50年以上にわたる画業の軌跡をぜひご覧ください。

また明日は午後2時より
「MATSUTANI3」上映会+オープニングトーク が行われます。
午後1時より整理券を配布いたしますので、
参加を希望されるかたは、この時間にお越しください。

西宮市制90周年記念  松谷武判の流れ MATSUTANI CURRENTS
会期    2015年10月10日(土)~12月6日(日)
休館日   水曜日
無料開館日 11月3日(火・祝)
入館料   一般800円/高大生600円/小中生400円

詳しくは こちら まで

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

今週末のイベント

現在開催中の 具体の画家―正延正俊 展 では
気鋭の「具体」研究者をお招きして
連続講座 「具体研究の位置」 を行っています。
明日、12日(日)はその第2回目。
中嶋泉(広島市立大学芸術学部准教授) 氏による講演です。
申込不要で、定員50名です。(要入館料)

————-
○7月12日(日)14:00―15:00
中嶋泉(広島市立大学芸術学部准教授) 
2013年グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)で行なわれた「具体」回顧展にリエゾンとして参加。専門は1950年代の米国、日本の絵画研究。現在は米国のパシフィック・ノースウェスト派と日本の戦後前衛絵画との交流を調査している。
————-
ぜひ、お越しください。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top