公益財団法人 西宮市大谷記念美術館/四季折々の草花が美しい日本庭園のある美術館です

文字サイズ
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」とは
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
毎年春にイタリア中部の古都ボローニャ市で、児童書専門の見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」が開催されています。出版社がブースを出し、沢山のイラストレーターが直接絵を持ち込み、版権の売買や企画の相談が行われる場になっています。ブックフェアは1964年に始まりましたが、ブックフェア事務局は、1967年にイラストレーション(絵本の原画)を紹介するイベントを始め、これが1976年から公募展「イラストレーションコンクール」になりました。
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
コンクールには、子どもの本のためのイラスト5点1組を用意すれば、誰でも応募することができます。世界中から選ばれた、絵本の専門家である審査員たちによって、すでに絵本として発表された作品も、未発表のものもすべて平等に審査されます。今では、世界を代表するコンクールとして多くの応募があり、新人イラストレーターの登竜門として有名になりました。入選作品による展覧会は、イラストレーションの今を伝える役割を果たしています。
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
1978年、イラストレーションコンクールの入選作品が西宮市大谷記念美術館で展示されたのが、日本における「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」の始まりです。美術館で絵本の原画を展示するという試みは当時、大変先駆的なものでした。現在では東京の板橋区立美術館をはじめ、国内4、5カ所を巡回する人気の展覧会です。

ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアBOLOGNA CHILDREN’S BOOK FAIR
西宮市大谷記念美術館でのボローニャ展
1989年、1990年度は増改築工事につき、1995年度は兵庫県南部地震発生により開催されませんでした。

ページTOP