2014 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

<特別展示1>三浦太郎 ワークマン   <特別展示2>刀根里衣 ボローニャSM出版賞受賞記念

 1978年以来、当館で毎年開催している恒例の展覧会、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展は、イタリア北部の古都ボローニャ市で毎年開催されている、世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市、ボローニャ・ブックフェアに併設された絵本原画のコンクール展入選作品で構成されています。
 5点1組にしたイラストを用意すれば誰でも応募できる公募展で、世界各地から選ばれたプロの審査員によって、すでに絵本として発表された作品も、未発表のものも全て平等に審査されます。多様な作品が集まり、また今日の世界の絵本の動向を知ることが出来る展覧会としてよく知られており、日本からも毎年多くの応募者があります。今年は59カ国3190名が応募、その中から日本人15名を含む23ヶ国75名の作家が入選を果たしました。
 今年の特別展示はまず、昨年第4回ボローニャSM出版賞を受賞した刀根里衣の受賞作絵本「ぴっぽのたび」全原画18点と、これまで出版された絵本の中から18点の計36点を紹介いたします。更に、今年ボローニャ近代美術館で展覧会を開催し高い評価を得た、三浦太郎の新作を展示いたします。

主催:西宮市大谷記念美術館、毎日新聞社、一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)
後援:西宮市、西宮市教育委員会
協力:ボローニャ・ブックフェア

01      02
<特別展示1>《ワークマン ステンシル》三浦太郎               <特別展示2>《いちばんたいせつなともだち》刀根里衣
       (Corraini Edizioni, 2014)                        (Kite Edizioni,padova,2012)

03            04
《わたしの公園》マノン・ゴチエ(カナダ)                   《世界よ、こんにちは!》カタリーナ・ヴァルクス(オランダ)
 05          06
《ペンギンと黒い卵》猫野 ぺすか(日本)                  《青い木》アミーン・ハサンザーデ=シャリーフ(イラン)             
                       

会期

2014年8月23日(土)〜9月28日(日)

休館日

水曜日

開館時間

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
<夜間開館>毎週金曜日 午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
<ご注意>!喫茶室の営業はおこなっておりません!

入館料

一般800円/高大生600円/小中生400円
*団体料金(20名以上)は各料金から200円引
*西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポートを呈示の小中生は無料
*身体障害者・療育・精神保健福祉手帳などを呈示の方は無料
*割引券付ちらしご持参の方は一般800円を700円に割引(複製不可) 

前売り券情報

各料金から200円引
ローソンLoppi(Lコード54952)、イープラス(セブン-イレブン、ファミリーマート)で取り扱い 
※手数料がかかる場合がございます。
または当館受付にて販売
※前売券の販売は8月22日(金)まで

関連イベント

一時保育
サイン会